大人気の羽生結弦選手。

フィギュアスケートファンだけでなく個人のファンの人も多く

プレゼントの数は尋常じゃないほどです。

あまりのプレゼントの多さに、「こんなにもらっても困るよな」と自重する人もいるほど。

あの量のプレゼントは一体どこへ行っているのでしょうか?

 

フィギュアスケーターにプレゼントを渡すためには試合やアイスショーに行き

○投げ入れる(試合)

○預ける(アイスショー)

という方法があります。

 

プリンスアイスワールドでは手渡しすることができます。

Ads By Google

羽生選手は大量のプレゼントをもらうのでなかなか難しいですが、他のスケーターはプレゼントしたTシャツを着てくれていたりします。

羽生選手のティッシュボックスのプーさんも最初はファンからのプレゼントを使っていました。

 

アイスショーの時のネタTシャツは着てもらいやすい?

 

 

羽生結弦選手は手紙に住所が書いてある場合

返事をくれます。

カナダへ行ってから返事はしていないのかと思いましたが

数年経ってきちんと返事がくるのです。

もちろん全員ではないようですし、全員に返事をするにしても何年かかるか分からないです。(気長に待ちましょう)

2012年頃までは直筆でした。

さすがに現在直筆ではありません。

https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/

一体どれだけの量を準備しなければならないのでしょうか。

 

アイスショーが地元で開催されないし遠征もできない!

投げ入れられる席に座れない!

などお手紙を渡したいのに渡せない人は日本スケート連盟経由で選手あてに手紙を出せます。

送り先はこちら

 

お正月はプーさんおせちで過ごすなら